実際に使ってよかったネット証券ランキング

順位 証券会社 理由
1 岡三オンライン証券 創業90年以上の情報力
ツールが高性能
IPOの事前入金なし
2 GMOクリック証券 大手の安心感
バランスが良い万能型
3 ライブスター証券 手数料の安さNo1
IPOの事前入金なし

2012年から株式投資を始めてSBI、楽天、マネックス、カブドットコムなど複数の証券口座を開設して使ってきました。

その中でも特によかった3つの証券会社です。
そして差別化が顕著に出るのが「手数料」と「IPO」です。

ネット証券の手数料を比較

まず最大手のSBI証券、楽天証券、マネックス証券の1注文の約定代金(税抜)手数料を比べます(数字は2018年11月現在)。

SBI証券 楽天証券 マネックス証券
10万円 90円 139円 100円
20万円 105円 185円 180円
30万円 250円 341円 250円
50万円 250円 341円 450円
100万円 487円 609円 1,500円
200万円 921円 1,152円 3,000円
300万円 921円 1,152円 4,500円
500万円 921円 1,152円 7,500円
1000万円 921円 1,152円 15,000円

次に私が使ってよかった岡三オンライン証券、GMOクリック証券、ライブスター証券を比べます。

岡三オンライン証券 GMOクリック証券 ライブスター証券
10万円 99円 88円 80円
20万円 200円 98円 97円
30万円 350円 241円 180円
50万円 350円 241円 180円
100万円 600円 436円 340円
200万円 1,500円 834円 600円
300万円 2,100円 834円 600円
500万円 2,700円 834円 800円
1000万円 3,000円 834円 800円

大手と比較しても、GMOくりっく証券とライブスター証券の手数料は安いです。

特にライブスター証券は、国内最大の株式投資SNSサイト「みんなの株式(みんかぶ)」のネット証券ランキング手数料部門でNo1の実績にふさわしいです。

岡三オンライン証券とライブスター証券はIPOの事前入金なし

新規公開株を買えるIPO(Initial Public Offering)では、最初に抽選申込みをします。

  1. 買いたい銘柄の抽選に申し込む
  2. 申込み時に必要な資金を投入する
  3. 当選したら買える(落選したら資金は戻ってくる)

そのため複数銘柄の抽選に申し込む場合、その分資金が必要になります。

ですが岡三オンライン証券とライブスター証券は抽選申込み時に事前の資金入金が不要のため、資金に限りがある投資家の「お財布にやさしい」証券会社です。

例えば以下のように参加できます。

  • 500株に抽選申込み→200株当選→200株購入
  • 500株に抽選申込み→200株当選→100株購入
  • 500株に抽選申込み→200株当選→購入しない

このように当選結果が出てから「好きな株数を買う」または「買わない」という選択ができます。
いわば「後出しジャンケン」でIPOに参加できるのは大きなメリットです。

口座開設にオススメの証券会社

最後に改めて、使ってよかった証券会社の特徴をまとめます。
口座開設は無料ですので、持っておいて損のない口座ばかりです。

詳細は公式サイトを確認ください。

公式サイト オススメ
岡三オンライン証券 情報力と高性能ツール
IPOの事前入金なし
GMOクリック証券 これ1つでOKの万能型
ライブスター証券 手数料の安さNo1
IPOの事前入金なし

コメントは受け付けていません。